放送作家・勝木友香さん公式ブログのRSSを
勝手にひっぱっりました。
クリックで勝木友香さん公式ブログにジャンプ!
え?そんなコトして恥ずかしくないのかって?・・・だって


公認じゃないからから恥ずかしくないもん!

                                  ♪わったしにできることぉ~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆放送作家・勝木友香さんの公式ブログはこちら!☆

放送作家 勝木友香アーカイブ画像
【エンターテイメント ダッシュVol.5 2008年5月発売】

放送作家 勝木友香アーカイブ画像
業界を席巻する働く女性をピックアップ!
メディアを支える
美人仕事人

注目度の高いメディアのお仕事をしている女性たちをピックアップ!業界の裏話や苦労話などなど・・・読者のみなさんが興味のあることを思いっきり語ってもらいました!

仕事人File01
放送作家
勝木友香
YUHKA KATSUKI

PROFILE
1978年9月11日生まれ
出身地:福岡県
http://ameblo.jp/katsuki-yuhka/

担当番組
ANB「ちい散歩」レギャラー
TBS「明石家さんちゃんねる」
NTV系「嗚呼!花の料理人」etc

大きな勘違いが
作家を目指す
キッカケになったんです


 放送作家になろうと思ったキッカケは、たまたまテレビで「ガキの使いやあれへんで」を見ていたときに、構成会議っぽいシーンが流れていて、「作家って楽なんだ」って思っちゃったんです(笑)。当時はモデルのお仕事をしていて、その生活にも別に不満はなかったんですけど、当時出演していた番組の打ち上げで、番組の作家さんに「作家の仕事に興味あるんですよね」って話したんです。軽いノリで(笑)。そうしたらいい人を紹介してくれるってことになって。そこからですね。

 最初はモデルの仕事の方が楽しくて、モデルの仕事と会議が重なったらモデルの仕事を優先していたんですけど、ある日を境にそれが逆転したんです。最初は憧れで入っただけだったのが、徐々に自分に任される仕事が増えていって気合が入ったんでしょうね。調べものなどの雑用から徐々にナレーション書きとか、より作家らしい仕事をするようになって、段々と自分がやっている仕事の重要さに気付いていったんだと思います。

 テレビの構成作家の場合は、どんなにネタがなかろうがアイディアがなかろうがオンエア日はきちゃうんですよね。だから企画をうみつづけることの難しさ。一発目の企画を思いつくことができても、それを毎週面白いモノに仕上げていく難しさっていうのはすごく感じますね。
スポンサーサイト
☆放送作家・勝木友香さんの公式ブログはこちら!☆

放送作家 勝木友香アーカイブ画像
【CIRCUS No.027 2006年10月発売】

放送作家 勝木友香アーカイブ画像
CIRCUS INTERVIEW
CIRCUS WOMAN SPECIAL FOCUS

会いたい!話したい!
仕事のことから私生活まで
スケジュール帳初公開!


才色兼備。それは才能にも恵まれた、限られた女性だけに与えられる永遠の称号。
今回は、通訳や医者など「頭を使う」知的な職業に絞って、業界No.1美人と名高い、噂の女性たちを直撃!
仕事内容からプライベートな秘密まで肉迫してみたぞ!


噂の業界美女図鑑
オレたちが憧れている女性たち
♀放送作家♀通訳者♀起業社長♀女医
業界別人気No.1の美女はこの人だった

放送作家 勝木友香アーカイブ画像
放送作家
友香さん(27歳)

新人とはいえスケジュール帳には、予定がギッシリ詰まっている。

1日マル秘スケジュール
09:55 起床。担当番組『ちい散歩』(テレビ朝日系)をチェック
11:00 『嗚呼!花の料理人』(日本テレビ系)制作会議
13:00 中目黒のイタリアンレストランなど、料理店数軒を取材
21:00 女子大生に生活スタイルなど電話取材
27:00 その日取材した内容をまとめ、就寝

元モデルから転身した
駆け出し放送作家は
自分勝手な男が好き


私ができることを
できない人には
キュンときちゃいます


 国民的美少女コンテストで有名なオスカープロモーションで、モデルとして活躍していた勝木さんは、芸能界から転身して放送作家としての道を歩んだばかり。しかし、志望動機は少しばかり不純な理由からだそうで・・・。

「楽しくおしゃべりしていればお金がもらえて、しかも頭もよく見える。放送作家になりたいと思ったのは、そんな理由から。でも放送作家って男性社会で、女性がすくないんです。そこで働くのは大変でいろいろと苦労もしましたよ。でも、深夜ののバラエティ番組で、初めて自分のコントが採用されたときはうれしかったですね」

 今では、会議で言いにくい下ネタも平気で話せるようになったというほど、仕事に燃えている彼女。1日のスケジュールも、朝から深夜まで予定が入っている状態とのこと。こんなに忙しいのでは、恋をするヒマもないのでは?

「いえ、恋愛体質なので、今までは恋がうまくいっていないと仕事に身が入らなかった。でも最近は、失恋をバネに頑張れるようになったんですよ」

 見た目とは正反対の男勝りかと思いきや、女心をのぞかせる。こんなキュートで、なおかつ仕事ができる女性にとって、どんな男性がタイプなのか気になるところだが・・・。

「お料理とか、私ができることをできない人にはキュンときちゃいますね。それと、束縛されたい!九州オンナだから、自分勝手な男性が好きです。ダメな男が好き?もしかしたら、そうなのかもしれない(笑)」

 最近”キュン”ときたことは?

「憧れの放送作家さんがいるんですけど、会議などで私の隣に座っただけで、胸がときめきますね」

 意外にオクテな友香さん。いくら可愛くても、これでは結婚も遠いのではありませんか!?

「そんなのイヤ!デートでも住宅展示場に行っちゃうくらい結婚願望は強いんですから。でも結婚しても仕事は続けますよ。
料理とか自分の得意分野を生かせれば最高。目指せ!栗原はるみ、かな」
☆放送作家・勝木友香さんの公式ブログはこちら!☆

放送作家 勝木友香アーカイブ画像
【anan No.15932008年4月16日発売】

放送作家 勝木友香アーカイブ画像

「3人の料理上手が告白&再現、私の”恋に効いた料理”はこれ!」

P33:

勝木友香 放送作家

『明石家さんちゃんねる』(TBS系)『嗚呼!花の料理人』(日本テレビ系)など、数々の番組を手掛ける。

疲れたカラダに染みる、優しい味で男心を掴みます。

 付き合った人の生活パターンや好みに合わせて、オリジナル料理を生み出すことがあると言うのは、放送作家の勝木さん。

「”あじの出汁茶漬け”は、仕事で帰りが遅くなることが多い彼氏のために考えました。冷蔵庫にあるものでさっと作れるし、夜中に食べても胃に優しい。飲んで夜遅く帰ってきた時にもよくリクエストされましたね。お米は彼の様子を見て炊き方を工夫します。疲れていたら塩をひとつまみ入れてみたりとか。疲れている時や弱っている時に、カラダに染みる優しい味の手料理があると、男の人は弱いみたいですね。体調を崩した人に雑炊を作ってあげたのがきっかけで、付き合うことになったという経験もありますから(笑)」

 メインとなる料理に不足している味や栄養を補う一品を添えるのも勝木さんのこだわり。

「菜の花のような季節野菜を使った小鉢ものを作ることが多いですね。ご飯もの、小鉢、漬物をお膳にして出すお夜食は見た目もきれいなので喜ばれます」

あじの出汁茶漬け

■材料(2人分)

あじの干物1枚 ちりめんじゃこ20g 実山椒小さじ2 大葉5枚 三つ葉少々 ご飯茶碗2杯分 白ごま大さじ2 だし汁300cc 塩、酒各適量 わさび、ゆずの皮各少々

■作り方

1.大葉は軸を取り除いて、千切りに。三つ葉は食べやすい大きさに切る。あじは焼いて熱いうちに身をほぐしておく。

2.炊いたご飯に、大葉、白ごま、ちりめんじゃこ、実山椒、あじのほぐし身の半量を混ぜ合わせる。

3.温かいだし汁に酒と塩を入れて、味をととのえる。

4.2.で混ぜ合わせたご飯を茶碗に丸くなるように盛り、真ん中をへこませて残りのあじのほぐし身をのせる。そのまわりに三つ葉を散らし、わさびを添える。お好みでゆずの皮を散らしても。

5.食べる寸前にだし汁を注いでできあがり。

菜の花の小鉢

■材料(2人分)

菜の花1/2束 しょうゆ大さじ1 酒小さじ1 和からし、みりん、白ごま、塩各少々

■作り方

1.しょうゆ、酒、みりん、和からしを混ぜてタレを作る。

2.菜の花の根元を切り、塩をひとつまみ入れた熱湯に入れてさっとゆがく。

3.ゆがいた菜の花をザルにあげて水気を切り、1.のタレさっとくぐらせる。

4.皿に盛って白ごまをふり、最後にお好みで和からしを添える。
☆放送作家・勝木友香さんの公式ブログはこちら!☆

+++Since2009-05-10+++ 無料レンタル掲示板,チャット 参加してみました

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
ブログ王ランキング
ウィジェット

ブログランキング【くつろぐ】
CoRichブログランキング
ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。